上へ

Windowsで画像や動画などのファイルに連番をつけて一括変換

まず、複数のファイルを選択後、その上で右クリック。次いで表示されるメニューから「名前の変更」を選択。そして、選択したファイルの右クリックした位置のファイルで名前を入力できるようになるので、適当な名前(abc等)を入力する。すると、名前の横に半角スペースが入った、()つきの連番で、ファイル名がまとめて書き換えられます。()に囲まれた数字でも構わない場合は、これで終了です。

()が気に入らない場合、コマンドプロンプトを使います。

  1. [WINDOWSキー] と[X]キーを同時に押して、そのまま離して、次に[C]キーを押して、コマンドプロンプトを開きます。
  2. 「cd desktop\フォルダ名」等と入力して、変換するファイルが格納されたフォルダへ移動します。
  3. ドライブを移動する場合は、Dドライブだと「d:」と入力すれば移動できます。
  4. 階層指定する場合は、「\」で区切ります。

移動出来たら、「for /l %i in (1, 1, 50) do ren "abc (%i).jpg" "abc%i.jpg"」等と入力します。
この構文で変更するのは、「50」「abc (%i).jpg」「abc%i.jpg」の三つです。

  1. 「50」は、変更するファイルの数と殆ど同じ意味になりますが、面倒なので多めに指定すると良いでしょう。ただ、該当する数値が無いものは、エラーで返されます。
  2. 「abc (%i).jpg」は変更する前のファイル名で、冒頭の方法で一括変換した場合は、このままで構いません。「abc」と「(%i)」の間には半角スペースが入っていますので、注意して下さい。また、半角がある場合は、クォートで囲まないと構文エラーになります。「.jpg」の部分は画像形式を意味する拡張子なので、変更するファイルの種類によって変更して下さい。
  3. 「abc%i.jpg」は、変更後のファイル名を予め指定する命令です。具体的には「abc」の部分に固有の名前を入れ、「%i」は、カウンタ変数で、ここに連番が自動で入ります。こちらも「.jpg」の部分は画像形式の拡張子ですので、テキストであれば「.txt」、動画であれば「.mp4」などといった書式になります。

ちなみに「for」はループ処理のコマンドです。「for パラメータ 変数 in 対象 do コマンド」という形式で使います。「/L」は、「(1, 1, 50)」においてスタート1から一つずつ加算して、50で終了するという意味です。「ren」は名前の変更を指示するコマンドで、あとは上の通りに指定します。