イーサタ/eSATAとは

eSATA(イーサタ)とは、内臓型のSATAに対する外付け方式の規格のこと。

SATAは、SSDやハードディスクなどをつなげるための規格である。こちらはコンピュータ内部にSSDなどを搭載する時に使う。内臓タイプのハードディスク(HDD)にもこの規格のものがあるが、注目されたのはSSDを使った時だ。従来のHDDに比較するとパソコンの起動が、ずば抜けて早くなったため。

この規格はそもそもSSDと一緒に有名になった経緯がある。少なくとも筆者にはそう感じた。パソコンショップによっては、OSの起動の速さを従来のものと比較できるようにして、宣伝していたほど。確かに当時はその速さにインパクトを受けたものだ。それに便乗してか、しばらくしたらeSATAがちらほら話題になるようになった。

当然、この速度を外付けのeSATAでも体感できるように思われたため、ある一定の人気は出たように思う。これは当時のUSB2.0の約六倍近い転送速度をeSATAが誇ったからだ。しかし、しばらくしてからUSB3.0も普及し、eSATAの人気は失われることになる。

USB(ユニバーサルシリアルバス)の歴史は、USB1.0に始まる。何度かバージョンアップを繰り返している。そのため、これに対応したインターフェースが数多くのコンピュータに搭載されている訳である。インターフェースとは、この場合、差込口の形状と置き換えてもらえれば理解しやすいことと思う。インターフェースは具体的に言うと複雑なため、ここでは割愛する。

一方、eSATAは登場してから間もないため、その差込口の形状は、これから普及させて行かなければならない立場にあった。そのため、既に同じ形のインターフェースを普及させているUSB3.0より、スタートラインがはるかに遅かったということになる。おそらくeSATAより、ユニバーサルシリアルバスを使う人の方が多いことと思う。

ちなみに、USB3.0とeSATAのインターフェースを変換させるアダプター(変換ケーブル)は市場に流通している。

eSATAの意味を簡潔に説明すると

内臓型に対する外付けのためのインターフェース。