アクセラレータとは

アクセラレータ(accelerator)とは、コンピュータの処理速度を向上させるハードウェアのことを言う。

一般にはパソコンそのものを交換しないで、性能を高めたい時に利用される。CPUアクセラレータやグラフィック アクセラレータ(ビデオカード)などの物理的装置(ハードウェア)がこれにあたる。

CPUアクセラレータ

CPUアクセラレータは、パソコンにもともと搭載されているCPUを取り外して交換し、性能アップさせるもの。CPUアクセラレータに換装するより、メモリを交換したほうが性能の向上が実感できたと言われる。市販されるパソコンの性能上昇とともにCPUアクセラレータも無くなっていった。

グラフィック アクセラレータ

グラフィック アクセラレータは、現在ではグラフィックボードやグラフィックカード、ビデオカードとも呼ばれる。かつてはパソコン用の付加装置として独立したものであったが、ビデオカードの性能向上とともにその区別はなくなっていった。

アクセラレータの意味を簡潔に説明すると

処理速度を高める物理的な装置のこと。