ストレージとは

ストレージ(storage)とは、デジタル情報を記録するための記憶装置をまとめて指す言葉である。

本来は、大型コンピュータなどで記録するための機器をストレージと呼んでいた。ストレージではデジタル情報が対象となるが、古くは磁気テープなども含まれていたようである。磁気テープとは、磁気を帯びたテープで、昔のパソコンではカセットテープが利用されていた。カセットテープといえば、音楽を記録する際にも用いられていた。現在では一般にメモリ、つまりストレージと呼ばれるものを使って音楽を聴くようになっている。

ストレージはハードディスクを指すように使われることもあったように思う。ここでいうハードディスクは、磁性体を円盤に塗布して回転させたものに、磁気ヘッドを使ってデータの読み書きを行う装置である。いわゆるHDDのこと。

HDDが栄華を極めたあと、同じストレージのSSD(ソリッドステートドライブ)が登場する。RAMフラッシュメモリを使ったものがある。RAMは電気が消えると記録も消える。フラッシュは不揮発性であることから、電源が切られてもデータは残る。HDDとSSDの違いは、SSDのほうが、重量が軽く、スピードが速く、消費電力が低く、落としても壊れにくく、動作音がしない、といった点で優れている。SSDは、デスクトップだけでなく、タブレットやノートPCなどでも多く用いられる。

その後、eMMCが登場する。スマホ(Android/iphone)でいうストレージとは、eMMCのことである。eMMCもSSDもフラッシュメモリのタイプだ。大きな違いは取り外しできるかとうかの点。あと、大きいものを小さく、或いは小さいものを大きくしているため、性能面に少し差があるだろう。

尚、磁気タイプのハードディスクやSDDをはじめ、外付けの記録装置、SDカード、USBフラッシュメモリなどは全てストレージである。

ストレージの意味を簡潔に説明すると

記憶装置のこと。