ビルドとは

ビルド(build)とは、幾つかのソースコードを手順良く、二進数(バイナリ)の情報に変換する作業のことをいう。

ビルドは複数のソースコードを正しい段取りでコンパイルするプロセスや処理、結果のことである。コンパイルはビルドの中の一つの作業といえる。

まず、プログラムは人間の手によって作られる。いわゆるプログラマーがこれを行う。プログラマーによって記述されたプログラムはそのままだとCPUには理解できない。作られたコードをCPUに分かるものに翻訳する必要がある。そこで、コンパイラというプログラムでバイナリコードへと変換する。バイナリコードとは機械語のことで、プログラマーが作成したデータを二進数のデータへ翻訳した実行形式のプログラムのことである。

しかし、複雑なアプリケーションだといくつものソースコードを使うことがある。これを間違えることのないようにまとめなけれならない。そしてCPUに理解できる機械語にしなければならない。ビルドとはこうした一連の作業のことをいう。また出来上がったアプリケーションそのものを指す場合もある。

ビルドを実施するには、makeなどのツールが用いられる。開発ではこのビルドが何度も繰り返される。簡単なものでは一つのファイルをコンパイルするだけだが、複雑になると複数ファイルを組み合わせてコンパイルし、これを統合することもある。

多くのソフトウェアは、原型のコードが作られ、それをコンピュータに理解できる実行形式のデータに変換するといった形で開発されている。

ビルドの意味を簡潔に説明すると

ソースコードからソフトウェアを作る作業のこと。