シェルとは

シェル(shell)とは、OSの中核であるカーネルと直接やりとりするためのソフトウェアのことをいう。

操作画面には、CUIと略されるキャラクタユーザインタフェースとGUIと略されるグラフィカルユーザインタフェースを用いたタイプがある。このうち、キャラクタユーザインタフェースは、コマンドラインインターフェイス ともいい、CLIと略される。つまり、CLIもCUIもほとんど同じ意味。

CUIは、キャラクタと呼ばれる文字や記号をキーボードを使ってシェルのコマンドを入力するタイプ。これに対し、GUIはアイコンやマウスを使って操作するタイプ。

そしてシェルには、CUIベースのコマンドラインシェルとGUIをベースとするグラフィカルシェルがある。このうち、ウィンドウズをはじめとする一般的なOSをインストールしたパソコンは、そのほとんどが後者を搭載している。また、前者の場合、文字と記号を主体としたインタフェースである。後者は、GUI上でCUIが動作するインタフェースになっている。

ウィンドウズのグラフィカルシェルでは、コマンドプロンプトがある。マックではUNIX端末エミュレータのターミナル。これらのソフトウェアは、OSの中核となるカーネルとやりとりする。

カーネルとは、ハードウェアとソフトウェア(アプリケーション)の間においてリソースやデータを処理もしくは管理するソフトウェアのことである。シェルはこのカーネルにアクセスを提供するものである。

また、UNIX系のOSは、様々なshellが存在する。カーネルへアクセスするには、shellを通さなければならず、その返答もshellを介する。OSはカーネルとshellがなければ動作しない。

シェルの意味を簡潔に説明すると

カーネルとやりとりするためのソフトウェアのこと