スクリプトとは

スクリプト(script)とは、前もってまとめてコンパイルする必要が無く、一つ一つ順番に実行可能な形式で記述された手続が簡単なプログラミング言語のことをいう。

スクリプトは、インタプリタ方式で、事前にコンパイルする必要が無いタイプのプログラムのことをいう。分かりやすくいえば、簡易的なプログラミング言語のこと。perlやphp、javascript、VBScript、BASIC、Python、Rubyなどが代表例。

インタプリタ型のスクリプトは、コンパイラ型のソースコードのようにあらかじめコンパイルやビルドをする必要がない。コンパイルとは、バイナリコードに変換することで、人間に理解できるコードをコンピュータに理解できるコードに変えることをいう。バイナリコードは、機械語マシン語、オブジェクトコードともいう。

インタプリタ型のスクリプトといえども、実際には細かくコンパイルしているが、コンパイラ型のCやC++などと異なり、事前にまとめてコンパイルするといったものではない。こちらは実行するまでソースコードがうまく動作するのかどうかを検証できない。スクリプトの場合、機械語への変換を見えないところで繰り返し行っている。そのため、検証が容易である反面、ランタイムエラーが発生しやすい。これに対し、シンタックスエラーはどちらでも発生する。速度はインタプリタのスクリプトの方が遅いと言われている。これは、ループ(ルーチン)処理で翻訳と実行を何度も行うため、

また、同じスクリプトと呼ばれるものでも、javascriptはクライアントサイドで動くタイプである。基本的にブラウザがあれば、エディタでHTMLファイルを作ってスクリプトを挿入すれば動作する。マクロ言語にも利用される。これに対し、perlやphpなどはサーバサイドのスクリプトである。これらのプログラミング言語を直接ウィンドウズ上で動作させるためには、専用のアプリケーションをインストールしない限り、標準では動作しない。インターネットを通してブラウザで閲覧する場合は、サーバ上でこれらのプログラミング言語が処理した結果が返される。

スクリプトの意味を簡潔に説明すると

ソースコードを記述してすぐに実行されるプログラムのこと。