CLIとは(シーエルアイ)

CLI(コマンドラインインタフェース)とは、キーボードから文字列を入力するためのユーザインタフェースのことをいう。

CLIは、「command line interface」の略称。CLIは、パソコンを操作するためにコマンドを直接打ち込んでいた時代からのユーザインタフェースである。GUIが主流となってもCLIはサーバなどでよく利用される。パッチ処理などが楽だからである。コマンドもある程度覚えなければならないが、よく使うものはテキストファイルに保存して、必要な時にコピーして貼り付けるといった使い方もできる。

GUIはアイコンやマウスで操作するタイプ。しかし、GUIでも端末エミュレータや仮想コンソールを介してコマンドラインを使うことができる。

また、CLIは、CUIと同じ意味で用いられる。こちらは「character user interface」の略称で、キャラクタユーザインタフェースという。CLIはパソコンに限らず、マイクロプロセッサを搭載した機器や大型コンピュータなどの操作を指すこともある。一般に、パソコンではCUIの用語が用いられる。

そしてCLIは、「Common Language Infrastructure」の略称でもある。日本語に翻訳すれば共通言語基盤となる。この場合のCLIは、各コンピュータのアーキテクチャや各プログラミング言語で記述されたソースコードを変換しないで、別のプラットフォームでも実行させるためのシステムである。ここでいうプラットフォームとはOSのこと。

つまり、WindowsやMacなどで別々にアプリケーションを作るといった方法ではなく、これらのOSに中間プログラムを加えることで、同一のアプリケーションを他のプラットフォームでも動作させるシステムのこともCLIという。この仕組みは、マイクロソフトによって策定されたもので、NET Frameworkで利用されている。

CLIの意味を簡潔に説明すると

一般には、コマンドライン入力によるユーザインタフェースのことを指す。