ユーザインタフェースとは

ユーザインタフェース(User Interface/UI)とは、主に人間とコンピュータ間でやりとりするためのインタフェースのことをいう。

ユーザーインターフェース、ユーザインターフェース、ユーザーインタフェースとも表記されるが、どれも同じものである。

ユーザインタフェースは簡単に言えば、人間とコンピュータの間にある窓口のようなものである。インタフェースそのものは、接合部や接続部分、規約、手順、仕様などの意味を持つ言葉。ユーザとはコンピュータの利用者であり、つまるところ、両者の接触面である。

何らかの機械を用いる場合、操作を行う側は複数の計測器を見なければならない。これは、機械がどういった状態にあるのかを確認する必要があるため。計測器とは温度や電気、長さ、重さといった目視で判断しにくい対象を数値ではかり、これを可視化させる機器のことをいう。この場合のユーザインタフェースは、計測器となる。

パソコンでこの計測器のユーザインタフェースに該当するのは、モニターであったり、画面の中で動く表であったり、タスクマネージャーだったりする。また、キーボードやマウス、スピーカー、ハードディスクのアクセスランプ、電源ランプなどもユーザインタフェースとなる。

ちなみに、GUICUITUIなどもユーザインタフェースである。GUIはウィンドウズなどのOSで採用されているグラフィカルな画面で操作できるタイプである。CUIはテキストベースでコマンドライン入力するタイプ。TUIは、テキストだけでなく色の調整やダイアログボックス、プルダウンメニューなどを使うことができるユーザインタフェースのこと。

いずれも末尾にUIとついてる点から推測できるが、このUIは、ユーザインタフェースのことである。また、このどれもが画面に出力されるものを対象としており、要はディスプレイも含めてユーザインタフェースとなる。ユーザビリティとも深く関わる。

ユーザインタフェースの意味を簡潔に説明すると

人間と機械が接触する部分のこと。