アセンブラとは

アセンブラ(assembler)とは、人間に分かりやすいプログラムで書かれたデータコンピュータに理解できる形に変換するソフトウェアのことをいう。

アセンブラは、C言語などをコンパイルする時に使われるコンパイラのようなものである。コンパイラは人間の作ったソースコードを二進数のバイナリコードへ変換するソフトウェアのこと。

アセンブラは、アセンブリ言語で記述されたものをバイナリコードへ変換するツールである。アセンブリのためのアセンブラということになる。

アセンブラでいうバイナリコードは、「0」と「1」で構成される数字の羅列である。人間には分かりにくい、というよりほとんどの人がパッと見ても分からない。そのため、「0」と「1」だけを使ってコンピュータと直接やりとりできる人も少ない。

アセンブリは、そのためのプログラムである。といっても高水準言語に比べると単純な英単語と記号だけで表現するため、こちらも分かりにくいといえば分かりにくいのだが。

それでも、「0」と「1」だけよりはましである。あと、このプログラムの命令語は、ニーモニックと呼ばれており、その命令部分をオペコード、命令の操作対象がオペランドとなる。

こうしてアセンブリ言語で作られたプログラムは、そのままだとコンピュータのプロセッサ、もっといえばCPUが理解してくれない。そこでアセンブラが登場する。

アセンブラは、アセンブリ言語をバイナリコードに置き換えてくれるソフトウェアである。つまり、「0」と「1」の二進数に置き換えてくれるのである。

ちなみに、アセンブラでいうバイナリコードは、機械語マシン語ネイティブコード、オブジェクトコードなどとも呼ばれている。いずれも二進数をベースにした、「0」と「1」の世界である。アセンブルは、人間の言葉をこれらに変換することをいう。

アセンブラの意味を簡潔に説明すると

アセンブリ言語を機械語に置き換えるソフトウェアのこと。