エミュレートとは

エミュレート(emulate)とは、ある装置がそれとは異なる別のハードウェアソフトウェアの環境を真似することをいう。

エミュレートは、模倣することである。つまり、何かを真似することを意味する。エミュレーションともいう。また、エミュレートするためのソフトウェアがエミュレータである。

良く知られるものでは、コンピュータ上で現在動作しているOSとは異なるOSを一緒に起動させるといった使い方をすることがある。OSとはオペレーティングシステムのこと。例えば、Windows上で古いWindowsを動かす場合もエミュレートという。また、Windowsに限らず、他のオペレーティングシステムや別のOS上で異なるオペレーティングシステムを動作させる場合もエミュレートである。

かつて、オペレーティングシステムのグレードアップによって、その新しいプラットフォームでは過去のアプリケーションが使えないなどの問題が発生したこともある。Windowsでは後方互換によって一応、エミュレートする機能がついてる。しかし、実際には限られたソフトウェアでしかエミュレートできなかったように記憶している。

また、ブラウザのエミュレートというものもある。これは異なる端末では、どういった表示がされるのかを確認するためのツールである。例えば、パソコンと携帯電話、或いはスマートフォンなどで表示のされかたが違う。パソコンでは優れたユーザビリティユーザーエクスペリエンスを提供していても、他の端末ではおかしなことになっていることもある。これは、限られたスペースで表示させているためで、一々横にスクロールしなければならないといった現象も起こる。クロスデバイスという概念も注目されているため、こういった場合にエミュレートすると便利である。レスポンシブウェブデザインという技術によってコントールしやすくなった経緯もある。

他に、ゲームエミュレータというものもある。これはゲーム機本体で動くものを仮想環境でも動作させるソフトウェアのこと。

エミュレートの意味を簡潔に説明すると

何かの環境を模倣すること。