ネイティブとは

ネイティブ(native)とは、製品が持つ本来の機能もしくは仕様。

ネイティブは、原住民とも訳される。もともとその土地に住んでいた種族を指す言葉。移民の対義語でもある。また、天然の、自然の、といった意味もあり、この場合、他の言葉と組み合わせて使われる。

ネイティブモードとは

コンピュータ関連でいうネイティブとは、製品本来の機能のことであるが、これまでの製品と互換性を持つという意味でも使われる。ネイティブモードとは、コンピュータがもともと持っている性能を引き出して動くモードのことを指す。ネイティブソフトは、このモードで動くソフトのこと。

ネイティブ言語とは

いわゆる機械語のことである。これはコンピュータ本来の言語であり、COBOLやC言語などがこれにあたる。CPUを直接実行出来る形のプログラムが機械語となる。

ネイティブコードとは

ソフトウェアの動作対象であるハードウェア構造に合わせたコードを言う。異なる環境のコンピュータで動作させる(エミュレート)必要が無いため、そのハードウェアが持つ速度で動く。

ネイティブの意味を簡潔に説明すると

本来の機能のこと。