デフォルトゲートウェイとは

デフォルトゲートウェイ(default gateway)とは、別のネットワークと通信する際、パケットというデータを一旦保留する役目を担うルータやアクセスサーバのこと。ここでいうアクセスサーバとは電話回線やISDNなどを使ってLANに接続するためのもので、古い時代のものである。一般に言うサーバとは別物。

ネットワーク(通信網)接続されたコンピュータやルータは、ルーティングテーブルを保持している。これは、宛先経路の一覧情報である。

また、これらの機器には、それぞれデータを転送するための方法を決めた設定があり、これをデフォルトルートという。自身が保持するルーティングテーブルに存在しない、もしくは経路が分からないデータは全てデフォルトルートに送られる。そしてこれらの機器のデフォルトルートは、大抵デフォルトゲートウェイに設定されている。

デフォルトゲートウェイは、自身のネットワークか、それとも他のネットワークかをサブネットマスクで判断もしくは確認する。サブネットマスクとは、どのネットワークか、どのコンピュータかを示す、IPアドレス形式の情報のこと。

そして、デフォルトゲートウェイは、別のネットワークにデータを送る経路の情報を持っているルータなどである。

ルータはノードとも呼ばれている。厳密にはノードの中の一つである。ノードとは、中継点のようなもの。データの中継ポイントか、端末装置か、そのどちらかになる。端末装置は、データの発生点か終着点のどちらかである。以上のことから、ルータはノードであり、デフォルトゲートウェイでもある。

尚、パケットとは、通信網で行き来する一定の大きさに分割された情報のこと。本来の意味は小包。デフォルトゲートウェイではこの小包が行き来する。

デフォルトゲートウェイの意味を簡潔に説明すると

他のネットワークへパケットを行き来させる出入り口であり、あて先不明のパケットを受け取る場所のこと。多くはルータを指す。