ダイアログボックスとは

ダイアログボックス(dialog box)とは、何かを操作した時などに現れる小さなウィンドウのこと。

ダイアログボックスは、主に何かを操作した時に現れる。また、「はい」「いいえ」や「保存」「キャンセル」、「OK」「キャンセル」など、ユーザーに対話形式で表示されることが多い。もともとは「dialogue」からきており、対話を意味する。

アラートとしてメッセージが表示されるものも、ダイアログボックスである。多くは、「OK」や「閉じる」といったボタンのみで、ユーザーが読んだかどうか確認するだけのタイプである。エラーが発生した時などにこういったアラートがよく出てくる。何らかのソフトウェアーの影響で、パソコンを起動した際にも出現することがある。

アラート形式のダイアログボックスは、VBScriptのMsgBox関数を使っても表示させることができる。この場合、拡張子をvbsとして保存する。

ダイアログボックスの作為的な開き方

また、javascriptを使っても表示することができる。これはHTMLのソースコード内や外部からjavascriptを読み込むことによって実現される。こちらの場合、拡張子をhtmlかhtmにして保存することでダイアログボックスが出てくる。もちろん、javascriptのalertを呼び出さなければならない。ネット上のウェブサイトでもよく使われているが、ブラウザによってはこの機能を無効にできる。主に入力文字の確認などで使われる。

尚、ダイアログボックスはポップアップウィンドウとも言う。基本的には、ユーザーに入力を求めたり、何かを伝えるために用いられる対話形式の小さなウィンドウである。しかし、一般にいうポップアップウィンドウとは、広告表示に利用されることも多い。かつては、そのウィンドウが開き続けるといった迷惑な動作をするものもあったので、ポップアップをブロックする機能がブラウザに搭載され出した経緯がある。

ダイアログボックスの意味を簡潔に説明すると

ユーザに応答してもらうための小さな画面のこと。