上へ

カテゴリー: jQuery

$.each()の配列処理機能とreplaceを使って、文字列を置換える

replaceメソッドの書式は、「replace(/パターン/修飾子, ‘置き換え後の文字列’)」です。 パターンの部分に置き換え前の文字列を直接、もしくは正規表現で一定の条件に一致するものだけを対象にする記述をします。 JSタブ 3行目は、idが「a」のdivボックス内のテキストを取得してresu…

2017/10/14 06:09:23

ユーティリティ

二つの配列をマージ 引数で指定した配列1に配列2が追加されます。処理前の状態を保存したい時は前もってコピーしておきます。 配列とオブジェクトをそれぞれコールバック関数処理して新たな配列で返す 配列から特定条件で要素を取得 grep()は配列を識別関数に渡し、その条件に一致する要素を新しい配列にして返…

2017/10/12 15:08:25

メソッドでエフェクト操作

表示、非表示 show()は引数が無ければ隠された要素をすぐに表示し、hide()はすぐに隠します。引数を指定した場合はいずれもアニメーション効果が実行されます。第一引数には、fastとslowの他、ミリ秒単位で数値を指定できます。toggle()は要素の状態から表示、非表示を実行します。引数に「t…

2017/10/12 08:07:13

メソッドでスタイルシート操作

メソッドのCSS操作では、cssの「font-size」などを「fontSize」と記入します。つまり、ハイフンを削除してその直後の文字を大文字に変えます。(キャメルケースと言います。)この場合、「fontSize」がjQueryのプロパティ名になります。 プロパティを取り出す 値を省略して記入でき…

2017/10/12 05:24:31

メソッドでDOM操作

要素からHTMLの文字列を取り出す 要素にHTML文字列を入れる 要素からテキストを取り出す 要素にテキストを入れる フォームの要素から値を取り出す フォーム要素に値を入れる 条件に一致した要素にクラス指定を追加 要素にクラス指定されているか判定 要素からクラスを削除 要素を削除 要素を一時的に削除…

2017/10/12 00:39:48

イベント操作

イベントごとに個別の処理を割り当てて作られるプログラムのことをイベントハンドラ(イベントリスナー)と言います。jQueryではブラウザ上で行われる操作の多くがイベントとして処理されますので対話的、つまりインタラクティブな処理も容易に構築することができます。 また、「function(e)」の「e」は…

2017/10/11 16:09:45

スキャン系のメソッドによる条件指定、抽出

セレクタのような要素にマッチさせる機能は、メソッドにもあります。 インデックス値で特定 インデックス値は、出現した順番に0から割り当てられる整数値を言います。.eq(インデックス番号)とすると出現順にインデックス番号が割り振られ、一致したインデックス番号とマッチします。.eq(-インデックス番号)の…

2017/10/11 12:30:17

セレクタによる条件指定、抽出

セレクタとは「$(‘#id名’)」「$(‘.クラス名’)」「$(‘要素名’)」などで、これらをまとめて指定するには、「$(‘要素名,#id名,.クラス名’)」などとカンマで区切ります。また$(‘*’)とした場合、全要素が対象になり、処理時間も長くなります。 インデックスによるセレクタ 要素には出現し…

2017/10/11 02:03:50

jQueryを学ぶ上でよく出てくる言葉とその仕組み

まずjQueryとはオープンソースのJavaScriptライブラリのことです。オープンソースとはソフトウェアのソースコードの改良や再配布を誰もが行うことを許可された無償のもので、jQueryではGPLとMITライセンスの下で配布されています。ライブラリとは別のプログラムから呼び出して使えるように、汎…

2017/10/11 01:55:54