文字列の端の空白や文字をtrim()で削除

trim()

trim()の構文は「trim(対象文字列 [, 削除文字]);」です。
trim()は第二引数を省略した場合、渡された対象文字列の両端の、半角スペース、ヌル文字、タブ、垂直タブ、ラインフィードキャリッジリターンをデフォルトで削除します。日本語は削除できませんが、これは1バイト単位で処理されるためです。第二引数を指定した場合、デフォルトの削除対象文字は削除されず、第二引数で指定した文字、もしくはその連続文字が削除されます。

PHP
1
2
3
4
5
6
<?php
$str=" test tes tes test ";
echo '
<pre>'.trim($str).'</pre>
';
?>
実行結果:

test tes tes test
PHP
1
2
3
4
5
6
<?php
$str="tt1 test tes tes test ";
echo '
<pre>'.trim($str, 't').'</pre>
';
?>
実行結果:

1 test tes tes test 
PHP
1
2
3
4
5
6
<?php
$str=" test tes tes test 2tt";
echo '
<pre>'.trim($str, 't').'</pre>
';
?>
実行結果:

 test tes tes test 2

ltrim()とrtrim()

第二引数を省略した場合、ltrim()は渡された文字列の左端、rtrim()は右端のデフォルトの削除対象文字を取り除きます。いずれも第二引数を指定するとその文字、もしくはその文字の連続を削除しますが、デフォルトの半角スペース、ヌル文字、タブ、垂直タブ、ラインフィードキャリッジリターンは削除されません。書式はtrim()と同じです。

PHP
1
2
3
4
5
6
<?php
$str="ttt1 test tes tes test ";
echo '
<pre>'.ltrim($str, 't').'</pre>
';
?>
実行結果:

1 test tes tes test 
PHP
1
2
3
4
5
6
<?php
$str=" test tes tes test 2ttt";
echo '
<pre>'.rtrim($str, 't').'</pre>
';
?>
実行結果:

 test tes tes test 2